インドネシアジャカルタの釣り同好会です

ジェイピープルメインページへ インターネットコンサルティング

Jakarta Japan Jiggers

ジャカルタ釣りバカ日誌(22)
※写真をクリックすると大きなサイズになります。

7月1(土)
日本から遠征してこられた辻村さん(JJJ記事を掲載して下さっている辻村さんのHPオレノスタイルでおなじみ)、JKT在住の高垣さんと3人で釣行。

自然とは思うようにならないもので、当日は東風が強く、沖のカンパチポイントは3〜4mのうねりで、潮も早く、濁りも入った最悪に近いコンディション。そんな中、高垣さん、辻村さんがハガツオ、ハタをそれぞれゲット。カンパチ名人の高垣さんは2kgのカンパチまでゲット。私はというと、結局当りすらなかった。

港方向に1時間近く戻りイソマグロポイントを攻めた。ここも水色悪く、うねりも大きく厳しいコンディション。先週も活躍したブルジグラ150g黄色でボトム近くまでフォールした時に待望の当り。いいファイトで楽しませてくれたのは20kgのコンディションのいいGTだった(←写真)。辻村さんに日本から運んできてもらったニューロッドが早速活躍してくれた。

その後、ポイントを移動しても当りは無く、辻村さんに浅場でキャスティングでGTを狙ってもらったが、浅場も魚の活性が低く大苦戦。しかし、辻村さんの正確なキャストで、何とか小型GT1匹をゲットしてくれた。

港に戻る途中、前を走る漁船に異様な物体が横たわっている。近づいて驚いた。それは180kgの巨大なクロカワカジキ(写真は辻村さんのHP)であった。一週間前、2日間連続でカジキを目撃した時に、トローリングをしていた船がカジキをかけてファイトしたがラインブレイクで逃していたらしい。それから一週間後、ラインブレイクしたカジキがそのときのフックを咥えたまま死んで水面に浮かんできたところを、通りがかった漁船が見つけて船に引き上げたのである。小さな針がマーリンの口に掛かっただけでは死なないと思われるが、カツオ等のデットベイトを使って胃袋まで針を飲ませて釣り上げる場合は魚へのダメージが大きいのだろう。

2002年に、私が10kクラスのキハダマグロを掛けてあげている途中に巨大なマーリンがそのマグロを飲み込み、何度も5mくらいまでに寄せながら6時間ファイトしたものの、結局リールの耐久性能を超えてリールが壊れて逃したマーリンと同サイズと思われる。近くで見ると、巨大で圧倒的な存在感を示す姿には畏敬の念すら感じさせる、本当に素晴らしい魚体であった。1ヶ月前には、トローリングで230kgのマーリンもあがっており、本当に豊かな海であることが再認識された。

7月2 (日)
この日もうねりが大きかったのでカンパチポイントは断念し、イソマグロポイントに勝負をかけた。しかし、前日に引き続き、この日も早朝のゴールデンタイムにも一回も当らなかった。日が昇り、3人でジグで海中を引っ掻き回しただけであった。ポイントを移動しても同じで、かろうじてアカハタ一匹をあげた以外はボーズ。遠征に来られた辻村さんには、本当に気の毒な渋い状況でした。2日間の様子は、辻村さんのHPをご覧ください。沢山の写真と詳細なレポートがご覧になれます。http://www11.ocn.ne.jp/~donfanhp/index-narrow.html

7月8日(土)
初参加の丸橋夫妻と釣行。

早朝のイソマグロポイントに到着し、一投目、私にギンガメ6kがヒット。丸橋夫妻は共にジギング初挑戦ながら、揺れる船上で頑張ってジギング開始。

旦那さんに間もなくガツンと当ったが乗らなかった。それから間もなく、旦那さんの竿が激しく絞り込まれた。下に突っ込む魚に、竿をのされないように必死に耐えながら、足場の良い船尾に移動しファイト開始。慎重にファイトして無事にGT8kgをゲット。初挑戦ながらお見事でした。

濁りが入っているせいか、魚は比較的浅場の根の近くに集まっていた。中層を丁寧に誘ってくるとツムブリの3kと5kがヒット。サワラもヒットしたが歯で切られてしまった。丸橋旦那さんにもヒットしたが、サワラと思われる魚にラインブレイクされてしまった。

餌釣に切替えた奥さんは、唐揚げすると最高なカワハギを連発。餌取り名人のカワハギを掛けるテクニックはなかなかのものだった。高根の近くで餌釣りの仕掛けに強い当たりがあり、竿はのされ、ドラグから糸を引き出す5kはありそうな大物がヒット。しばらくファイトしたが、小物用のサビキ仕掛けには大きすぎる魚で、ハリスを切られてしまった。カワハギの歯でハリスにも傷が入っていたかもしれない。非常に残念だった。

その後、私のジグにそこそこの魚がヒット。最初の走りを凌ぎ、魚が落ち着いたので奥さんにファイトを任せた。「キャー、重い、引き込まれそう」等と叫びながらも、細い腕で必死に竿を支えて(←写真)少しずつ慣れない左ハンドルでラインを巻きとり始めた。心配そうに見守る旦那さんにも励まされ、とうとうGT7kgを見事に釣り上げた。これだけのファイトが出来れば、自分で魚を掛けて釣り上げることも時間の問題と思われます。本当にナイスファイトでした。

最新釣行予定はこちら

※このサイトに掲載されている内容(データ)は ジェイビープルが所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
※リンクはフリーです。Copyright(c)2004-2005 JPEOPLE