インドネシアジャカルタの釣り同好会です

ジェイピープルメインページへ インターネットコンサルティング

Jakarta Japan Jiggers

ジャカルタ釣りバカ日誌(27)

最近は忙しくて釣行レポートを定期的に送れませんが、毎週の釣行は継続しており、ジギングで5kg前後のGT、カンパチ、ギンガメ、イソマグロはコンスタントに釣れています。ジギングでは、竿頭は毎回5匹ほど獲物を手にしていおり、新メンバーの宍倉さんが独走中です。星野さんが20kg近いサワラと10分以上もファイトしましたが、水面まであと数メートルで外れたこともありました。数が釣れる夜のタチウオジギングも盛り上がっています。

先週17日(土)は、浅場のGT狙いで宍倉さん、高井さんに5kg弱のダブルヒットで始まりました。

ジギングでは、電動ジギング3回目の丸橋典子さんが何と23kgのGTをキャッチし、男性陣の度肝を抜きました。初の獲物が23kgですから、丸橋旦那さん、奥さんの記録を上回るまでは頭が上がらないのではと心配です・・・

午後は、久しく行方不明だったキハダマグロのナブラが出て、8本ヒットし6本ゲット。最大は私の20kgで、高井さんが13kg、それ以外は10k弱の魚でした。10kg以下の小さいマグロの群れだと思ったので、私は遊び半分で5.3ftのジギングロッドに錆びた小さいトリプルフックの付いたジグミノー50gのなめたセッティングでやっていると予想以上の20kgがヒットして慌てましたが、何とか無事にキャッチ。結局2時間以上もナブラが続いたので楽しい釣行になりました。キャスティング初心者の丸橋旦那、高井さんのタックルを借りて見事に10kg弱のキハダをゲットしたのは立派でした。ジギング絶好調の宍倉さんも見事にキハダをヒットさせましたが、船べりで逃してしまいましたが、実力者だけにリベンジは時間の問題でしょう。

ドラムカンサイズのキハダが飛び跳ねる日も近いかもしれませんよ。

今回のお楽しみ写真集
※クリックすると拡大写真になります
    

    
最新釣行予定はこちら

※このサイトに掲載されている内容(データ)は ジェイビープルが所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
※リンクはフリーです。Copyright(c)2004-2005 JPEOPLE