インドネシアジャカルタの釣り同好会です

ジェイピープルメインページへ インターネットコンサルティング

Jakarta Japan Jiggers

ジャカルタ釣りバカ日誌(33)

5月26日(土):吉原、星野、長岡 小型スピードボート

吉原さんがサワラ7k(写真)、3k、ハタを釣上げ28日のJJJ食事会の仕入れに貢献。星野さんは、バラクーダ、カツオ、カンパチ5k(写真2枚)と仕入れに大貢献。一方、私は食べても美味しくないギンガメアジ3匹で貢献度ゼロでした。この日はサワラが多く3人で6回切られました。

    

5月27日(日):高井、宍倉、丸橋、草野 木造船

仕入れ第二班が26日夜の太刀魚釣りから挑戦しましたが、太刀魚6匹、アマダイ1匹、サワラのバラシ一回の貧果に終わり、28日の会合では、大変高価で貴重な太刀魚スープになりました。本帰国される平田さん、丸橋さん、年に一回は日本からインドネシアに遠征してJJJに参加してください。


6月1日(祭日):高井、鐘ヶ江、長岡 木造船

水深70mから40mになだらかに駆け上がる新ポイントで連発。高井さんが10kクラスのGTバラシの後、二人に3kのツムブリ連続ヒットで各1匹ゲット。

その後、私にGT10k、6k、ハタ、スマガツオがヒット。高井さんはJJJ記録となる7kgのハタ(←写真)をゲット。鐘ヶ江さんは、カイワリ、タイ、アジをゲット。私と高井さん、二人合わせて10回近くバラシがありました。私は慣れないベイトタックルでバラシを連発しましたが、後半は要領を覚えてフッキングが決まりました。



6月2日(土):高井、鐘ヶ江、宍倉、長岡 木造船

水深100mで朝一番からトリプルヒット。高井、長岡がギンガメと遊んでいる間に宍倉さんがJJJ記録に並ぶ10kgの見事なカンパチをゲット(写真→)。

鐘ヶ江さんも見事に4kと2kのカンパチをゲット(←写真)。その後も4kのサワラ、アジを追加。50mから40mに駆け上がる新ポイントの中層で高井さんに大型がヒットしましたがリーダーを切られました。高井さんは、この日合計5回もラインブレイクしており、フックが外れたバラシを加えると10回近く逃したことになります。往年の名誉称号Bapak Lupas(Mr. バラシ)と再び呼ばれない様に要注意です。この日釣れたカマスを現地のレストランで焼いて食べましたが、非常に美味でした。


6月3日(日):宍倉、星野、長岡 小型スピードボート

先週に続いて星野さんが絶好調でした。朝からギンガメ、カツオ2匹、シイラ4kと釣り上げ、ポイント移動するたびにカイワリ、アジ、バラクーダ5k、サワラ7k(←写真)と一人で8匹も釣って堂々の竿頭をとりました。私はギンガメ3匹、サワラ7k、GT7k2匹をキャッチ&リリース(写真3)しましたが、サワラに3発切られました。宍倉さんはカンパチ4k、GT,ギンガメ、カスミアジ3kをゲットしましたが、この日宍倉さんは8回もバラシがあり、ディープポイントでもしっかりフッキングを決められるかが今後の課題になりました。

    
最後に、JJJでは魚資源維持のために、魚の取り込みの際はネットを使用し、元気な魚は出来るだけリリースすることを更に徹底していきます。

素晴らしいGame FishのGT、カスミアジ、カンパチは成長も遅く個体数も少ないので、今後も楽しいGame Fishingが出来るように我々Anglerが資源保護の為のキャッチ&リリースや、海にゴミを捨てない等の模範を示していく必要がありますので、皆様のご理解とご協力をお願いします。

最新釣行予定はこちら

JJJへ参加(釣行)ご希望の方はへこちらへメールをお願いします。


※このサイトに掲載されている内容(データ)は ジェイビープルが所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
※リンクはフリーです。Copyright(c)2004-2005 JPEOPLE