インドネシアジャカルタの釣り同好会です

ジェイピープルメインページへ インターネットコンサルティング

Jakarta Japan Jiggers

ジャカルタ釣りバカ日誌(41)

9月29日(土)、30日(日) 鈴木貞、中島、山本、鐘ヶ江、長岡の5人で大型木造船でビヌアガン遠征

ビヌアガンはトローリング、餌釣りメインで、JJJの様にジギングする人はたまに遠征に来るシンガポール人程度との事で、見慣れないメタルジグに次から次と魚がアタックしてきた。GT、サワラ、フエフキ、カツオに加え、夜釣りではトビウオやイカがライトの光に集まり、餌釣りをしていたキャプテンも次から次に色んな魚を釣り上げ、寝る暇もない程の釣れっぷりでした。一番の大物は山本さんの自己記録を更新する20kgのGT(写真2枚↑)でした。

釣果:以下の釣果の他にトローリングでサワラ3匹、カツオ約30本
鈴木:カスミアジ5k、GT6k、4k、4k、アオチビキ4k、サワラ8k(←左写真)、5k、4k、4k
中島:フエフキ8k(←右写真)
鐘ヶ江:GT11k、5k、3k、サワラ5k×4匹、シマアジ4k
山本:GT20k、8k、4k、アオチビキ3k、カツオ1k、サワラ5k、
長岡:GT10k、6k、4k、3k、サワラ4k、4k、アオチビキ8k、4k、3k、フエフキ10k、カカップメラ

10月6日(土) 鐘ヶ江さん、山本さんと3人で木造船で釣行

水温は相変わらず20度と低く活性が低かったが、山本さんが高根の際で大型を掛けた。魚は真下に突っ込に、締めこんだドラグからどんどんラインが引出されていた。山本さんが激しく回転するスプールに手を掛けて更にテンションを掛けた瞬間、PEラインがラインローラー部分で高切れを起こし万事休す。おそらく大型のカンパチと思われた。

バラシの影響か、その後ぱったりと当たりが無くなったので、一気に東から西海岸側のポイントまで3時間かけ移動。水温は23度と若干高いので期待したが、当たるのはカツオばかり。

そんな中、山本さんの竿が一気に絞り込まれファイトが始まった。慎重なファイトで5分ほどで浮いてきたのはJJJ記録を更新する12kgのカンパチ(→写真)だった。一週間前のGT20kgといい、今回の12kgのカンパチと2週連続でトロフィーサイズを仕留めた腕前はお見事です。


最新釣行予定はこちら

JJJへ参加(釣行)ご希望の方はへこちらへメールをお願いします。

過去の釣りバカ日誌を読む場合はこちら

※このサイトに掲載されている内容(データ)は ジェイビープルが所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
※リンクはフリーです。Copyright(c)2004-2005 JPEOPLE