インドネシア人の金持ちがケチになる理由(2)

前回を読む

結婚してからというもの、女房は随分親兄弟を援助してきた。さすがに親戚までは手が回らないので、彼らへの支援はことごとくお断りしている。

結果どうなったかといえば、どの親戚も(裕福な親戚は除く)うちへは連絡してこなくなった。兄弟への援助もいい加減限度がある。「子供が病気だ」「学費が足りない」「食べるものがない」この当たりならまだわかるし、こちらだって鬼ではないのだから、本当に困っているのなら、助けてやろうという気にもなる。

しかし「ビジネスをしたいので金を貸してくれ」「オートバイを買いたいので金を貸してくれ」などという金の無心に関しては、もう耳を貸さないことにした。

『もう』というのは以前に何回かそんなことがあって、兄弟中で大喧嘩になったことがあるためだ。「~兄さんにはお金を貸して、俺には貸してくれないのか」という具合である。こうなると駄々っ子だ。

そのときは女房の母親が激怒し「二度と兄弟間で金の貸し借りはするな!」と説教してその場はおさまり、それ以来、大きなを無心をされることはない。

(以下、次号に続く)


※過去人気のあった(?)シリーズを加筆修正してお届けしています。

ジェイピープルメインページはこちら


0160125