ATMカードの取り忘れ


銀行脇のATMでお金を降ろしたときのこと。そのATMボックスを出てすぐに気付いたのは

「しまった!ATMカードを取り忘れてきた」

急いで銀行にもどる。この間わずかに5分。真昼間であった。銀行員にそのことを告げると

「ちょっと待ってください。すぐに調べますから」

数分して
「いま届いてるカードは、これとこれだけですね。いずれも昨日の取り忘れです」
「10分ぐらい前にそこの機械で30万ルピアほど下ろしたんですけど」
「それじゃあ、照会してみますね」

コンピューターでチェックしてみると、私が下ろした後すぐ同じ機械で20万ルピアが下ろされているではないか。

あちゃ~やられた~。すぐにそのカードはブロックして新たなATMカードを再発行する。後に並んでいた奴にすれば「ラッキー!」であった。こちらにとっては『すべて後の祭り』

これは私が悪いのだから仕方なし。幸い、口座には1jutaもなかったので(情けない話でお恥ずかしいのですが)、被害は少なくてすんだ。ATM利用者は、お金を下ろす事が第一目的で、カードを取り忘れることはよくあるそうだ。間抜けな奴は編集長ハルだけでない。

どこにでも泥棒はいる。読者の皆様もせいぜいお気をつけください。


※過去人気のあった(?)シリーズを加筆修正してお届けしています。

ジェイピープルメインページはこちら


0160125