いい加減やなあ、つくづく…(上)


数年前の話―。

女房の銀行口座に約3juta(3万円ぐらい)の送金があった。誰が送ったかわからない。「アネ(不思議だ)」とか言いながら、なんだか宝くじでもあたったような気分になっている。

もし読者の方々にそんなこと(見知らぬお金がどこからか送金される)があったら、一体どうされるだろうか。

1、もし間違って送金した人がいたら気の毒なので、銀行で確かめる。
2、なんだか気持ち悪いので、銀行で確かめる。
3、気持ち悪いけど、そのままにしておく。
4、ラッキーと思い、そのままにしておく。

ハルの選択肢は2の「なんだか気持ち悪いので、銀行で確かめる」である。統計を取ったことはないけど(当たり前だが)、日本人の場合、2が一番多いような気がするのだが…

喜んでいる女房に水を注してしまうように
「ねえ、それって銀行で確かめた方がいいんじゃないの?後で何か問題があったら嫌じゃない?」
「だって、銀行のミスなのよ。ほうっておけばいいのよ。私だって前に勝手にお金、卸されていたじゃない。友達も『知らない間に1jutaの入金があった。ラッキーだった 』って言ってたし」
「・・・・・・」

(次号に続く)



※過去人気のあった(?)シリーズを加筆修正してお届けしています。

ジェイピープルメインページはこちら


0160125