ミクロレットに擦られたときの対応は…(前)


一年ほど前は自分で運転していた。いまはSIM(運転免許)を自主返納し(ただの期限切れ)、運転していない。この渋滞中、する気にもならないしね。

さて数年前の話。

一人で車を運転しているときのこと。場所は近所の商店街、昼間でもあり、二車線の道をいつものトロトロ渋滞で走っていた。

そのハルの運転する車の左横を猛烈な勢いで走り抜けていくミクロレット(キジャンタイプの水色の乗り合い自動車)があった。

トロトロ走っているハルの車に急接近して

「危ない!ぶつかる!」と思ったとたん、キキキ~~~と嫌な金属音がなった。ガチャではなく、キキキ~~~であり、ぎりぎりの状態でぶつかることはなく、ただ擦られただけであった。

こういう場合、擦った側(加害者側)、それがミクロレットやメトロミニ(オレンジに紺のミニバス)であったなら、もっとも多いパターンは、加害者側がそ知らぬ顔をして逃げていき、被害者側が猛追するような格好になるのだけど…。

(次号に続く)


※過去人気のあった(?)シリーズを加筆修正してお届けしています。

ジェイピープルメインページはこちら


0160125