運転手を首にした話(終)


初回を読む 前々回を読む 前回を読む

でもこの運転手もバカで、月の半ばで一ヶ月分まるまる給料がもらえて、さらに50万ルピアと携帯電話までもらえてよほど嬉しかったのか、にこやかに
「買ってもらった自転車はどうしましょう」

以前、通勤用に自転車を買ってやったのだ。
「ああ、それもボーナスとしてあげるよ」

これでますます機嫌をよくしたこの運転手、最後には向こうから手を差し伸べてきて、別れの握手にて無事くびきりは終了。

その日の夜、女房に次のようなSMSがあった。

「二年間お世話になりました。推薦状を書いてもらえますか。ところで

私のどこがいけなかったんでしょうか

もちろん推薦状は書けない旨を伝えたのであるけど、この二年間のお説教は一体何だったのだろうか。お説教なんぞせず、始めからくびにすれば良かったのか。うーん・・・。

(終)



※過去人気のあった(?)シリーズを加筆修正してお届けしています。

ジェイピープルメインページはこちら


0160125