※過去人気のあった(?)シリーズを加筆修正してお届けしています。



Nの送信は慎重に(前)

当地で作ったクレジットカード。詐欺事件が多いのか、使うとすぐに携帯のSMSで

Dear Haru san be pleased to confirm transaction by your JCB at Rp500,000 on 2Mar15 type with Y or N ?

訳 ハルさん(ハルさんとは言わないけどね)3月2日にJCBカードで50万ルピア使いましたか? Yes か Noで返信してください~というもの。

いやあ、ご丁寧にありがとう。といつもYを律儀に返信していた。

銀行関係者に訊くと、いちいち返信しなくてもいいそうだ。そのまま払われるらしい。

「だったら訊くなよ」と思ってはいけない。怪しい支払いが勝手に行われたら嫌だしね。

さて今朝方不明瞭な支払いの問い合わせが届く。金額にしたら220万ルピアちょっと(二万円ぐらい)で、ハルには最近その金額をカードで払った記憶がない。

いくら記憶を辿ってもその支払いに覚えがなく、これはひょっとして犯罪か!?

そしてNを返信する。

で、Nを返信した後、さらによく考える。やっぱり気持ち悪いのだ。

(次号に続く)



ジェイピープルメインページはこちら


0160125