編集長ハルの気まぐれ日記

女房の意識に変化
来春で丸三年日本滞在のインドネシア人我が女房。最初の一年は語学学校へ通い日本の生活を子連れ留学みたいに楽しんでいたが、一昨年よりパート勤めするようになり、普通の日本人主婦を体験する。

一日4時間ほどのパート業をこなしているが、これが結構ハードで、仕事が終わると毎日グターとしている。

よってハルが一時帰国しているときは、二年前であれば数少ない日本料理のレパートリーを工夫しながら作っていたのだけど、最近は

「ご飯は炊いてあるので、おかずはスーパーで買ってきて!」

まあ、いいけどね。

で、彼女に現在の心境をきいてみました。

「奥様連中でご飯を食べるときは割り勘って一円単位まできっちり計算するのが、最初は『なんてケチなんだろう』と思っていた。でも今は毎日一生懸命働いて稼いだお金なので一円だって無駄にしたくないと思うようになった」

これって進化ですよね。ようやくお金のありがたさがわかったか。





ジェイピープルメインページはこちら