編集長ハルの気まぐれ日記
一時帰国編2017-2018
あまりにも非礼なタクシー運転手(前)

 日本人タクシー運転手の話です。インドネシア人ではありません。生まれて初めてのことかもしれません。

一時帰国からジャカルタへ戻るとき、日本の自宅から最寄りのリムジンバス乗り場までタクシーを利用します。電車でもいけますが、ゴルフバッグとスーツケース大とキャリーバッグですので、さすがにそれは厳しい。

タクシーで2000円ぐらいの距離です。

いつものようにいつものタクシー会社を利用しました。

さてタクシーに荷物を載せようとしたところ、タクシーの運転手がこちらを見ない。運転席から降りてきません。気付かないのかな?

いつもなら降りてきて「たくさんの荷物ですね」とか言いながらバッグを載せる作業を一緒にやってくれるのですが、気付いてくれない。

「すいません。後ろのトランクを開けてもらえますか」と声高に促してようやくトランクが開いて、それでも降りてこない運転手に

「すいません。荷物が重いのですが手伝ってもらえますか」とさらに声高に促します。

で、しぶしぶ降りてきて


「タクシーは荷物を運ぶのが仕事ではないんで」


(次回に続く)




ジェイピープルメインページはこちら