編集長ハルの気まぐれ日記
息子の成長とアカデミー賞

※映画『スリービルボード』~アカデミー賞主演女優賞のフランシス・マクドーマンド
まだ幼稚園に上がらない頃から、映画館に足を運んだ。最初はアニメ中心でそのうちSF活劇をよく見るようになる。ジャカルタでは映画鑑賞が非常に安上がりなので、ハル一家の日曜日の娯楽はモールでの映画鑑賞であった。

まだ小学生であった我が子がシリアスな映画を見てもわからないだろうと、スパイダーマンやアイアンマンなど選んで見た。

その子供が日本で中学生活を送り、この春には高校へ進学する。そしてハルの知らないところで、TSUTAYAの会員となり、しょっちゅうレンタルビデオを見ている。

ハルが意外だったのは、好んで借りてくるビデオは派手なSF活劇ではなく、シリアスな戦争映画だったり、実話をもとにした動乱物だったり、サスペンスだったりで、アベンジャーズやトランスフォーマーなど見向きもしない。

そしてビデオ鑑賞後、ハルと映画評に移るのだ。成長したなあ。

さて、先日一時帰国した際、映画館で見たのは『スリービルボード』

おそらく製作費はスターウォーズの数十分の一。人気俳優も出ていない。それでもストーリーは十分おもしろく、ハルと息子の感想は
「スターウォーズより遥かにおもしろかった」

映画の質が違うので比べようもなさそうだが、

『映画館に足を運んでお金を払って見る満足度』を比べると圧倒的にこの映画が上だ。

で、先日のアカデミー賞の主演女優賞を獲得したのが、この『スリービルボード』の主演女優であった。やっぱりおもしろい映画だったと改めて思う。この映画を「おもしろかった」と評する息子の成長を感じているハルであった。

親バカですんまへん。

この映画は絶対おもしろい。日本に戻ったら映画館で見て!見逃したらTSUTAYAで借りよう!




ジェイピープルメインページはこちら