編集長ハルの気まぐれ日記
情緒的天皇主義(下)
初回を読む 前回を読む

天皇はかれこれ二千年続いてきました。ハルはどんなものでも10年続けば本物と思っています。それが二千年ですからね。

元号制定は大化(645年?)が初で、新元号「令和」はそれから232番目になります。それだけ長い間なくならず続いているのですから、やはり本物でしょう。

どこかの活動家が年号廃止とか唸ってますけどね。廃止したら日本文化の否定だし、非常に不便です。情緒とか風情とか「わかっていないのかな」と思います。

ちなみに天皇家のお仕事は

「神主の棟梁」(竹田恒泰談)ということです。

大昔学生の頃、法学の先生が「家族で唯一家族全員の幸せを願うのが親。だから親は偉い。そして日本人で唯一日本人全員の幸せを願うのが天皇。だから天皇陛下は偉い」と言っていたのを覚えております。

我々は家族の幸せを願っても日本国民が幸せであるようにとは願いません。今回の新天皇のご即位では我々が「過去天皇と遜色ない立派な天皇になられるよう」お祈りしようではありませんか。

情緒的天皇主義(終)




ジェイピープルメインページはこちら