編集長ハルの気まぐれ日記
情緒的天皇主義(上)
いよいよ4月1日に新元号発表ですね。何になるのかな。楽しみですね。この原稿を書いているのが30日の夜、宮内庁や政府関係者はバタバタでしょう。お疲れ様です。※ハルが慰めてどうする?!

今回のゴールデンウィーク、ハルは何としても日本で過ごします。特に4月30日と5月1日はテレビにくぎ付けで今上天皇の御譲位、新天皇のご即位を見たいと思います。

伊勢神宮にお詣りしたいところですが、おそらく超満員・大渋滞なので、それは後日に行くとして、この両日はとにかくテレビの前にいるでしょう。

ちなみにハルは右翼ではありません。思想的にはごく普通の人ですので。

30年前、昭和天皇が崩御された日も、またお葬式も実家のテレビで見ておりました。

実は、ハルの天皇好きはそのときから始まります。

昭和天皇の葬儀に集まった人の映像がテレビに移しだされ、アナウンサーが紹介します。

「いま〇〇様がお見えです。徳川慶喜公の孫娘で…」

で、次々と歴史で習った人々の名前が出てきて

ぎええええ~~~。これって日本の歴史そのものやんけ!

(次号へ)




ジェイピープルメインページはこちら