編集長ハルの気まぐれ日記
 飛行機での緊急事態遭遇(後)
前回を読む

CAも酸素ボンベや救急装置を持って、飛行機には「お医者様はいらっしゃいませんか」とのアナウンス。

まるで映画のようなシーンでした。

倒れた男性はいびきをかきはじめ、これって「くも膜下出血」なのでは…

ハルは席を移動することを余儀なくされ、その後男性の回復を見守っていました。

重篤な症状も予想されましたが、徐々に意識がもどります。

どうやら心筋梗塞やくも膜下出血ではなく、既往症のてんかんだったようです。

それにしても驚きました。

飛行機の中で人が急逝する話はよく聞きます。急激な気圧の変化で、体調不良や体力が落ちているときなど非常に危険なのでしょう。

ハルはJL720便に乗るときは、ほとんど睡眠を取っておりません。しかし今回この件に遭遇し、改めて「気をつけないと」と思い直しました。

皆様もお気をつけて。





ジェイピープルメインページはこちら