編集長ハルの気まぐれ日記
ハル家のルーツを尋ねて(3)
初回を読む 前回を読む

父は八人兄妹の末っ子で現在83歳。まだ健在です。八人のうち存命なのは姉が一人で六人は他界しています。

故郷のいとこからハルの知らない話を聞かせてもらいました。

「いや、八人兄妹ではなく十人だよ。一人は小さいうちに亡くなって、一人は戦争で亡くなったから」

上写真がハル家の先祖のお墓です。二基ともハル家のお墓です。尖っている墓が戦争で死んだ人のお墓で、父のお兄さんを弔っています。

ご先祖様にはいろいろ伝えたいこともあったのですが、ハルだけ長々と手を合わせるのも変ですので

「ご先祖様、すべてを察して」とお願いしました。まあ、一族ということは理解してもらえたでしょう。

そして翌日、母の故郷・美波町西由岐へ。



以前にもお伝えしたことがあります。美波町はNHKの朝ドラ『ウェルかめ』の舞台で、「ウミガメがやってくる海岸」で非常に有名な大浜海岸があります。

そんな村ですから、ハルのご先祖様の職業は間違いなく漁師。おそらく近代まで人の移動はまれですから、少なくとも何百年の間は漁師をしていたと思います。ハルの知っているおじいさん、ハルの知らないひいおじいさんまでは確実に漁師ということはわかっています。

(次号へ)




ジェイピープルメインページはこちら