編集長ハルの気まぐれ日記
ハル家のルーツを尋ねて(4)
初回を読む 2回を読む 3回を読む

今回驚いたのはその祖先のこと。ひいおじいさんのこと(写真と名前だけは)までは前から知っていたのですが「さすがにその前とかわからないよねえ」と尋ねたところ

「それがわかるんよ。お寺さんにお願いして書いてもらったもんがあるんよ」

そして見せてもらったのが、この過去帳(↓)



何年に○○さんが死去という記録をご住職に書いてもらいました。

田舎なのでお寺さんの記録が途切れることなく残っているそうです。

ただここに名前が入るのは、亡くなってから五十年経過した人だけということです。最近追加された人が、昭和35年に亡くなった、ハルのいとこでした。※生後すぐに亡くなりました。

そして一番古いご先祖様は…と

天明七年、そして次が寛政八年…




ちょっと待った!



天明って、ひょっとして「天明の大飢饉」そして寛政って、松平定信の「寛政の改革」と歴史で習ったことのある、それ?

そのあと、文化、天保、文久などと続き、間違いなく歴史教科書の順どおり。

ということで、ハルの先祖は少なくとも江戸時代の中期からこの地で漁師(おそらく)をしていたことが判明しました。

(次号へ)




ジェイピープルメインページはこちら