編集長ハルの気まぐれ日記
認知的不協和
認知的不協和~間違いないと信じていたことが否定されたとき、人はパニックを起こす~というもの。

お客さん(友人)とメジャーリーグ野球の話をしていた際のこと

ちなみにこの人は、東京六大学の野球部在籍、甲子園出場はないが、子供の頃から野球漬けの野球少年であった。ハルが大谷の凄さを尋ねたとき

「大リーガーの球は速いので、大谷ぐらいの力があれば、あの体勢でもホームランが打てます」

「なるほど。だからイチローはバントでもホームランを打てたんだね」

「えっ、バントでホームラン? 嘘でしょ。信じられない。それが本当だったら、俺の野球観が覆りますよ。ファミスタじゃないんだから」 

野球少年にも関わらず、彼はこの事実を知らなかった。

で、その証拠に「イチロー バントでホームラン」とYouTube動画を検索し、その映像を見せると

「あり得ない! これは合成画像ですよ! ほら、微妙に画面が切り替わっているじゃないですか!」

別な角度がないかと違う動画を検索していくうちに、数年前の日本シリーズで楽天の牧田がやはりバントでホームランを打つ映像が見つかって、それを見せると

「いや、これも合成画像です。絶対バントでホームランなんてあり得ない!」

とパニックを起こしている。

そして彼は、この二つの映像に関して「バントでホームランの映像はあり得ないので合成画像」と結論付けたのであった。

これも認知的不協和ですね。 それではイチローのバントでホームラン動画をご覧ください。






ジェイピープルメインページはこちら