編集長ハルの気まぐれ日記
日本は寒い
気温38度を記録した京都に一時帰国しております。

しかしそれでも「日本は寒い」の意味は…

実は、寒いのは編集長ハル宅…です。

と言っても、家族の絆がひび割れているとか不幸の内容ではありませんからね。

エアコンをつけっぱなしにしております。設定25度ですが、気がつけば22度とか23度になっています。

これは女房(インドネシア人)の暑がりによります。

「南国生まれ・南国育ちなので、インドネシア人は暑さには強いはず…」と思われがちです。ハルもそう思っていました。

しかし、インドネシア人の奥方をもつ日本人男性のほとんどが「女房は暑がりで」と言います。

ということは~インドネシア人は暑さに弱い。

その理由をハルなりに分析しました。

南国生まれ・南国育ちといっても、インドネシアの気温は25度から33度で推移するので、寒暖の差はほとんどないといっていい。

ということは、それ以上でもそれ以下でも体が慣れていない訳で、日本のように夏は35度以上、冬は零度以下では、体が悲鳴を上げる訳です。おそらくこの分析は間違っていないと思います。

さて、昨日実家近くの花火大会を見に行きました。夜7時半から始まります。6時過ぎから待っていたのですが、野外の気温は30度超。これは暑い。じわーと汗がにじんできます。やっぱり日本は暑いですね。

それでは花火大会の映像をどうぞ!





ジェイピープルメインページはこちら