編集長ハルの気まぐれ日記
舟田京子先生とツーショット

編集長ハルがインドネシアにやって来る30年前、大阪梅田の紀伊国屋書店で一冊のインドネシア語教本を買いました。

まだいまのように多くのインドネシア語教本がほとんどない時代です。
それがこちら(↓) 
舟田京子著『やさしい初歩のインドネシア語』 

まだ娯楽の少ない時代です。現在のように日本のテレビが当たり前のように見られるなんて想像もできない。よって時間だけはたっぷりあったので、インドネシア語の習得に努めました。

そして、この本がどれだけ役に立ったか。インドネシア語が比較的易しいこともあり、三カ月ほどで日常会話になんら苦労することがなくなりました。

インドネシア歴の長い人から「かなり上達が早かったね」と褒められたこともあります。哀しいのは、その頃からインドネシア語力が変わっていないことでしょうか(笑)

さて、その『やさしい初歩のインドネシア語』の著者である舟田京子先生に初めてお会いしました。

現在神田外語大学の客員教授として、当地で教鞭を取られることもあるとか。そんなことはつゆ知らず、思いがけない初めてのご挨拶をさせて頂くことができました。

先生の授業を受けたことは当然ございません。それでも30年インドネシア生活を送れてきた私にとって、この本はどれだけ大いなる一助となったことでしょうか。あらためて舟田京子先生にお礼申し上げます。

こちら(↓)は現在の『やさしい初歩のインドネシア語』です。毎年少しずつ内容が増強されていくそうです。なんとCD付き。※30年前はCDが付いていませんでした。(悔しい!)
絶対お勧めの一冊です。これからインドネシアにやってくる人も、やってきて間もない人もぜひ! 都会の大型書店に行かなくても、いまではAmazonで買えますからね。

アマゾンで買えます!


ジェイピープルメインページはこちら