ダッファーハルのゴルフ日誌

日本で初めてのゴルフ(7) 
「それでは背骨の矯正からいきますね。手を後ろにまわしてください」

柔道整復師の言われるままに手を後ろに組んで、おそらくはこんな感じかと(↓)…



「それではいきますね。」

そしてハルの背骨辺りを三度ぐりぐりぐりっと…


ぎゃああああ~~~~~~


かつて経験したことのない痛みが!


恥ずかしい話、院内に轟き渡る叫び声をあげてしまったのである。

これには柔道整復師の若者が驚いて

「大丈夫ですか?」

ハルはそのままマットの上に仰向けとなり、しばらく無言で苦痛の表情を浮かべていた。



(以下、次号に続く)