k


 

開店当初は「いつ潰れるのやら」「やっていけるのか」と第三者だけではなく、経営者の店長ハル自身も訝っていたけど、開店から既に五年以上も経過し、いまではそこそこに認知されるようになって、われながら「よくもったなあ」と感心しているのだ。今回より回想の意味もあり、過去のゴルフショップ繁盛記を加筆修正して改めてJPgolfを紹介したい。

日本の若者も捨てたもんではない!
日本人の若者が来店。ハルとは初対面であった。

ハルに向かってインドネシア語で話しかけてくる。どうやらハルのことをインドネシア人と思っているようだ。

最初はハルも彼のことをインドネシア人あるいはアジア系の外国人と思っていた。

そこでインドネシア語の会話が始まるのだけど、見かねたスタッフが

「ハルさん、こちら日本人の方ですよ」



「私、日本人ですけど」
「ああ、そうですか! さっきこちらの女性とインドネシアでしゃべっておられたので、てっきりインドネシア人かと…」

そこから会話が弾んで、よもやま話となる。その途中彼がちょっと失礼しますと言い、トイレでも行くのかと思ったら、カフェでお菓子を買ってきて差し入れをしてくれた。

職場はジャカルタではなく地方で、久しぶりに日本人と会うことが珍しかったので、あるいは日本人と会話することが嬉しかったこともあって差し入れしてくれたのだろう。

そういえば、ハルがジャカルタにやってきた28年前は知らない日本人同士がレストランやカラオケで仲良くなることが結構あった。そんな感じを久々に思い出した嬉しい気遣いである。

日本の若者も捨てたもんではありませんね!




0190620



※このサイトに掲載されている内容(データ)は ジェイビープルが所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
※リンクはフリーです。Copyright(c)2004-2005 JPEOPLE