凌ぎを削るブローカー達(後) 
前回を読む

ただ彼には手持ちのお金がなかったので、信用売りで渡しました。持ち逃げすることは考えられませんしね。

「これからボゴールの客に売ってくるから」

で、二日後彼がやってきて現金で払いました。

「ボゴールまで電車で行ったの?」
「いや、自分のバイクで行ってきた」
「二時間ぐらいかかっただろう?」
「いや、一時間。俺は飛ばすからね」
「アイアンセットを運ぶのって危なくなないか」
「しっかり括っているから大丈夫」
「・・・・・・」

さらに彼は続け
「途中でチンピラヤクザに絡まれる心配だってあるけど、俺は戦う準備はできている」
「・・・・・・」

大丈夫か、こんな奴に信用売りして?

追伸〜

原則委託販売のクラブは信用売りしておりません。クラブをお預けの方はご安心ください。仮に万一のことがあれば、当方が間違いなく弁済しますので。





※このサイトに掲載されている内容(データ)は ジェイビープルが所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
※リンクはフリーです。Copyright(c)2004-2005 JPEOPLE