RENEW !
※このコーナーはゴルフ初心者のために書かれています。
原則は自分で置く(後)
このコーナーは「ゴルフ歴だけは長いけど、スコアは大したことない。唯一の自慢はスピードプレイ」のダッファーハルがインドネシアでゴルフを始めるビギナーの方へルールやマナーをアドバイスするものです。多少傲慢なところは許して!※過去人気のあった(?)シリーズを加筆修正してお届けしています。

前回を読む

キャディーにボールを置いてもらい、その→のとおりに打つ。で、入ることもある。

しかし、自分で読むのと、キャディーにすべてセッティングしてもらうのと、どちらのカップインがより嬉しいか?結果は明らかだ。

だから、ハルは声を大にして言いたい。

「ハルはキャディーにボールを置いてもらっている人の倍以上ゴルフを楽しんでいる!」

羨ましくないですか。同じプレイフィーを払って心底ゴルフを楽しんでいるのですよ。

この間、同伴競技者のビギナーに「ボールは自分で拾って自分で置く。キャディーの操り人形じゃないんだから」とお説教した。これはマナーだからと先輩風を吹かせているわけではなく、ゴルフの楽しみが半減しているよとアドバイスしているのだ。

キャディーにボールをセットしてもらい、それが入って大喜びするのは、遊園地のパットパットゴルフで遊んでいる子供と同じである。大人の楽しみを見つけよう。

自分で置くようにするとスロープレイの回避にもつながるしね。




※過去人気のあった(?)シリーズを加筆修正してお届けしています。

※このサイトに掲載されている内容(データ)は ジェイビープルが所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
※リンクはフリーです。Copyright(c)2004-2005 JPEOPLE