ハルのお勧めあれこれ
※このページは、タイムリーでもインドネシア関連でも、なんでもなく、ただただハルが気にいったもの(動画、写真、歌など)を勝手に紹介する非常に我がままなコーナーです。


一プロレスファンとして回復を祈ります

高山善廣は頸髄完全損傷「回復の見込みなし」

プロレス好きなら誰でもファンであって不思議ではない高山善廣。「プロレスは魅せてなんぼ」をもっとも体現するプロレスラーであった。

バラエティー番組にもよく登場するので、プロレスファンでない人もご存じだろう。

根っからのプロレスファンであるハルにとっても高山は数々のベストファイトを提供してくれる、もっともレスペクトするレスラーの一人であった。

鈴木みのるが取り上げた『高山vsドンフライ』の一戦は、これがまさしくプロレスラーというものを印象付ける強烈な試合であった。

あれだけ無茶や無理を重ねればいつかは壊れる。ふたたびリングに戻ってほしいなんて望まないので、せめて元気になって若手レスラーいや若者すべてを叱咤激励できる頑固おやじになってほしい。


『高山vsドンフライ』の動画をご覧ください。見たことのない人、必見です!



高山善廣は頸髄完全損傷「回復の見込みなし」親友の鈴木みのる涙

 試合中に首に大けがを負い長期欠場中のプロレスラー高山善廣(50)=高山堂=の現状についての会見が4日、都内の後楽園ホール展示会場で行われ、頸髄(ずい)完全損傷で回復の見込みはないと診断されたことが発表された。…(中略)…

 鈴木は厳しい現状に、涙をこらえきれず。「10何年か前、オレが体もよくないし、プロレスできないなと思ってた時に、彼とドン・フライの試合を見て、オレは何やってんだろうと思って…(中略)…

その後、戦って意気投合して、新日本プロレス、全日本プロレス、各メジャー団体を一緒に暴れ回って…(中略)…

「普段、『バカヤローッ』って、人のことぶっ飛ばしてるクソ野郎が何を言っても皆様には響かないと思いますが、ぜひ高山善廣に…勇気をたくさんもらったと思うので、力を貸して下さい。

 DDTの高木三四郎社長は、高山を支援する「TAKAYAMANIA」を立ち上げ、各団体に呼びかけて試合会場に募金箱を設置、応援グッズ販売、高山プロデュースによるプロレス興行などを行うことを発表。活動の収益はすべて高山の治療費に充てられるという。また、募金の振込も呼びかけられた。振込先は以下の通り。

【銀行振込】東京三菱UFJ銀行代々木上原支店  (店番号)137
(口座番号)普通預金0057767  (口座名義)株式会社高山堂



詳細はデイリースポーツにて


ハルもささやかながら応援寄付をしたいと思います。


 
※このコーナーは、人から教えてもらった話、他サイトからの無断転載で構成しています。許して!