ハルのお勧めあれこれ

東京ブギウギ
笠置シヅ子さん、ありがとう!

「東京ブギウギ」(とうきょうブギウギ)とは、鈴木勝の作詞、服部良一の作曲、笠置シヅ子の歌唱により、1947年発表(ただしレコード発売は翌年1月)されてヒットしたブギのリズムによる日本の歌謡曲であり、「青い山脈」「リンゴの唄」などと並んで、戦後の日本を象徴する曲として有名である。 ウィキペディアより


この曲がレコーディングされたのは1947年だそうです。戦争が終わって間もなくですね。

戦争疲労で街も人も逼塞間に覆われていた時代でしょう。

「もう暗い時代のことは忘れて楽しく明るく生きていこう!」

大ヒットした背景もわかりますね。レコーディングにあたっては米軍関係者がノリノリで参加したそうです。

一刻も早くコロナ禍が収まって、こんな「高揚感溢れ、新しい時代への期待を感じさせてくれる歌」が生まれることを祈って、東京ブギウギを取り上げました。笠置シヅ子さん、ありがとう!

それでは「東京ブギウギ」をお楽しみください。ユーチューブでどうぞ



※このコーナーは、人から教えてもらった話、他サイトからの無断転載で構成しています。許して!