ハルのお勧めあれこれ

ドン・キホーテ
『ドン・キホーテ』といえば…

スペインの作家セバスチャンの小説。 騎士道物語の読み過ぎで現実と物語の区別がつかなくなった郷士が、自らを遍歴の騎士と任じ、冒険の旅に出かける物語である~ウィキペディアより

と回答する人は現在日本ではほとんどいません!

『ドン・キホーテ』といえば、もちろん「激安の殿堂!」ですね。

ハルもよく利用します。

あらかた何でも売ってます。「こんなグッズ、どこで買ったらいいのかな?」と思ったらまずドン・キホーテ。

安いだけでなく品揃えの多さに驚きますね。

インドミーのミー・ゴレンも売ってました。一袋80円ぐらい。インドネシアの味が恋しい人はぜひ!



追記~

ちなみに…アダルトグッズも売ってました! 小さなお子様とドン・キホーテに行くときは気をつけて!

「パパ、これ、何?」と訊かれても困りますからね。


※このコーナーは、人から教えてもらった話、他サイトからの無断転載で構成しています。許して!