一言居士ハル

一寸の虫にも五分の魂。JP編集長ハルが世間の「これは絶対おかしい!」と思うニュースに、ひとこと物を申します(ケチをつけます) ※多少傲慢なところは許して!

マスコミにお勤めの方へ同情

先に一言居士ハルのコーナーで、マスコミは一体何様なのだ?と意見(文句)しましたが…

気の毒な方々もいます。

ある人が「新聞社の者ですが…」と言うので

「○○新聞と言わないってことは朝日新聞の人?」
「はい…すいません。ご迷惑をおかけしております」

別にハルに謝ってもらう必要はないけど、きっと肩身の狭い思いをしているのでしょう。

某大手新聞社にお勤めであった人(現在は退職)に聞いたことがあります。※以下はその人の話


社員全部が左傾ということはない。中には中立だったり、政権の是々非々を議論する人もいる。

しかしそんな記事を書いたとしても、トップが「うちはあくまでも政権批判でいく」ならば、そんな記事は取り上げられない。

それでは新聞記者の矜持として、そんな会社を飛び出そうとしても、家庭持ちでローンを抱えていればそう簡単には飛び出せない。結局はサラリーマンなのだ。


~だそうです。そう考えればお気の毒ですけどね。

しかし、断固言います。


マスコミは一体何様なのだ?!




※このコーナーは、人から教えてもらった話、他サイトからの無断転載で構成しています。許して!