編集長ハルの現地生活ルポ

ジャカルタカプセルホテル体験記(中)
前回を読む

チキニにあるカプセルホテル・オールドパタビア。

西洋人のバッグパッカーで賑わっています。それにしても西洋人の若い女性は本当に綺麗ですね。目を見張るような別嬪さんがたくさん!



お近づきになれるなら泊まってみたいと思っている方、それはまず無理。たいてい頑強なボーイフレンドと一緒です。※喧嘩したら一撃でやられます。

あるいは一人旅のような女性もいますが、一人でバッグを担いで世界を旅する女性って引きません?

おっと、本題からずれました。カプセルホテルの話です。この日の宿泊費は一泊11万ルピアでした。

まず受付でデポジットおよび宿泊費を払います※デポジットは翌朝返金してくれます。

そして指定された部屋のみ入室可能なカードキーをもらい、自分の部屋に向かいます。※二段ベッド四台(計8名収容)の部屋が何室もあり。

自分の部屋に入るとベッドの下に個々のセーフティーボックスが用意され、最低限のセキュリティーは整っています。

ハルの右隣りは西洋人のおじさん、左はインド人の若者でした。

トイレ・バスルームは共同です。いちおう小ぎれいに清掃はされています。しかし水の出が悪く、心地よいシャワーとはいえません。まあこのぐらいは仕方ないことでしょうか。

ただ問題は、部屋の冷房。この日に限って部屋内のACが故障!しかも窓がないので超寝苦しい(眠れない)一夜を過ごすことに。※隣のインド人はグースカしておりました。よく眠れるなあ。

やはり値段なりということでしょうか。もう二度と泊まることはないと思います。

次はコタのワンダーロフト・ホステルを利用。こちらは一泊99,000ルピアでした。

(次号に続く)


見た目は綺麗ですけどね。




ジェイピープルメインページはこちら