編集長ハルの現地生活ルポ

ジャカルタカプセルホテル体験記(下)
初回を読む 前回を読む

コタのワンダーロフトホステルは、コタ駅のすぐ近くで、オランダ時代のコロニアル建築物や博物館などを観光できる、バッグパッカーにとっては非常に重宝なホテル(上写真~黄色とエメラルドグリーンの外観)といえるでしょう。

先日泊まったチキニのオールドパタビアホテルも趣はありますが、本格的な旅行者用ホテルなら、こちらと思います。

ご覧のとうり(下)非常に小ぎれいでお洒落なつくり。寝室も十分エアコンが効いて快適な夜を過ごせました。

これだったら旅行者には十分でしょう。ただし問題がひとつ…


シャワーが塩水!




そういえば、この辺は海抜ゼロメートル遅滞で、津波があれば壊滅するような場所でした。

シャワーだけではなく水道から出てくる水もすべて塩水です。よって寝る前の「シャワーでさっぱり」はまず期待できません。これさえなければ完璧だったのに…


結論~安いなりの理由はある

というわけで、ハルのカプセルホテル体験記を終わります。

ところでジャカルタ湾付近の豪邸に暮らしている華僑の人々も、生活用水はすべて塩水です。それでもなぜこの地区に住みたいの?

追伸
日本のカプセルホテルを想像してはいけません。ちなみにハルは東京に泊まるとき、新宿の新宿区役所前カプセルホテルをよく利用しておりました。あれって快適ですね。





ジェイピープルメインページはこちら