編集長ハルの現地生活ルポ

ジャカルタのマンションは馬鹿高いか?(後)
前回を読む

1500ドルのアパート代はけっして高くない(いや仕方ない)と思います。

北に行けば(コタやマンガブサールあたり)、一泊20万ルピア以下で泊まれるホテルがたくさんあります。老朽化しているものもあれば結構小ぎれいにしている新しいホテルもある。

ただ共通していえることは「水が悪い」。コタまで行くと塩水で、マンガブサールあたりでも塩水っぽい。さらにチョロチョロとしか水(温水も)が出ません。よって「シャワーでさっぱり」はまず不可能。

部屋によっては掃除が行き届いていない。綺麗に掃除しているように見えますが、髪の毛が落ちていることはよくあります。

壊れた部分(シャワーの取っ手など)はそのままで修理していないこと、しょっちゅう。

それでも一泊20万ルピア近く取られます。さらに安いホテルを探せば一泊99,000ルピアなんてのもありますが、典型的な安かろう悪かろうの世界。

よってこの国でそれなりの快適さ(治安も含めて)を求めようと思えば、月2000ドルのアパート住まいは仕方ないところでしょう。

アパートで暮らせる駐在員は幸せです。





ジェイピープルメインページはこちら