編集長ハルの現地生活ルポ
ラマダンの風景2018(3)

※チェンカレン空港第三ターミナル
ここ数年、毎度毎度デコレーションが派手になっていくようで、インドネシアのイスラムも日本のクリスマス化に近づいていくばかり…と思っていたら、今年は例年に比べて質素化しているような。

ハルの錯覚かな?

交通渋滞が酷く、また家族がいないので、あまり出歩かなくなったから、そう思うのでしょうか。この原稿を書いているのは6月10日の午前。ジャカルタの道路状況はかなり緩和しております。

いつもこんなんだったらなあ。

それではラマダンの風景パート3です。

日曜日の朝、歩行者天国がガラガラです!

と思ったら、ジョギングしている女性がひとり!

こちらは9日土曜日の朝、帰省バスでスディルマンが大渋滞!

 ケイアイビルのロビーです。落ち着きますね。




ジェイピープルメインページはこちら