編集長ハルの現地生活ルポ
オンライン金融よもやま話(中)
初回を読む

まず最初にデータ登録するとき、自身のデータだけでなく、親兄弟・親戚のわかる範囲の携帯電話番号をすべて登録しないといけません。ここがポイントです。

支払いが滞ると本人だけではなく、登録されてあるすべての番号に催促電話がかかります。それもかなり強引にしかも複数回かけてくるので、この攻撃はかなり有効です。

一般の人にはおおよそ返せそうな金額ですので、それに辟易した親族が一人でも払えばそれで回収完了といった具合。

ところで、この話、借金を肩代わりした人から聞いた話だそうですが、なんとその金額わずか100万ルピア(8千円ぐらい?)だそうです。

ここでさまざまな疑問が浮かびます。ちなみに金を借りた本人は、まだ40歳ぐらいの男、女房と乳飲み子一人がいます。

疑問1
わずか100万ルピアの借金なら業者に借りる前、親戚に言わなかったのか?

答え~いままで親戚に借金しまくっていたので(もちろん返していない)、貸してくれる親戚がいないため。

で、仕方なくオンライン金融を頼ったということでしょうか。

(次号に続く)






ジェイピープルメインページはこちら