編集長ハルの現地生活ルポ
インドネシアからロッテリア撤退

インドネシアからロッテリア撤退 29日までに

 韓国ロッテのファストフードチェーン、ロッテリアを運営するロッテリア・インドネシアは19日、インドネシア国内の32店舗全店を閉鎖すると発表した。29日までに閉店作業が完了する予定で、9年間にわたり外食事業を展開してきたインドネシアからの撤退となる。地元メディアが報じた。

 ロッテリアは2011年のインドネシア進出以来、ハンバーガーやフライドチキンなどで独自の商品開発を進めたが、地場企業やバーガーキング、ケンタッキーフライドチキン(KFC)など外資系ブランドの競合が多く、商圏が広がらなかった。

じゃかるた新聞より


高校生の頃からロッテリアのファンなのだ。特に毎回食べるのが海老バーガー。

日本を離れ三十年、一時帰国時にロッテリアがあれば、必ず海老バーガーをオーダーする。

2011年、ジャカルタにロッテリアが登場した際には、早速海老バーガーを注文。しかし日本の海老バーガーとの違いに大きく落胆。その話を韓国人の友人にすると

「日本のロッテリアは美味しい。ここのはダメだ」
「韓国のロッテリアはもっと美味しいよ」

そりゃあ、韓国が本場だからね。しかしここ数年ジャカルタのロッテリアから海老バーガーが消え、また普通のハンバーガーのレベルが…

マクドナルドやバーガーキングの足元にも及ばない。

インドネシアを舐めているのか?

数億円とか数十億円を投資して、これでは情けない。

ロッテリアファンなので、余計に落胆するのである。





ジェイピープルメインページはこちら