編集長ハルの世間よもやま話
このコーナーは、インドネシアに関係なくても、とにかく笑えたり、泣けたり、興味深い話題があればお知らせするコーナーです。


邦人女性殺害、警備員の男逮捕=ジャカルタ

邦人女性殺害、警備員の男逮捕=ジャカルタ (時事通信)

インドネシアのジャカルタ中心部のマンションで日本人女性が死亡した事件で、同国警察は10日、マンション警備員のインドネシア人の男(25)を殺人容疑で逮捕したことを明らかにした。
 
 女性はヤマハ発動機現地法人の契約社員西村良美さん(28)。警察は、遺体の首に絞められたような痕があったことから、殺害された可能性が高いとみて捜査していた。
 警察によると、男は西村さんの首を絞めたことを認めているという。また男の自宅からは、西村さんの部屋からなくなっていた携帯電話なども発見された。警察は男が強盗目的で西村さんを殺害したとみている。 

ここ数日JPのアクセス数がいつもの倍近くになっている。インドネシアで地震や大事故が起こったときの一時的な現象だ。よってアクセスが倍になったといっても喜びはしない。しかも今回のアクセスが増えた原因は

ヤマハの現地採用の日本人女性が何者かに殺されたため〜

その情報を探しにきた人が多いからに過ぎない。

残念ながらハルのJPではその話題を取り上げていないので、閲覧した人には申し訳なく。※謝る必要もないか。なんせ詳細がわからないので、また事が重大過ぎるので取り上げるのは、憚られた。

と言いながら一言申し上げたいことが。

ジャカルタは発展した。ここ数年の高度成長は目覚ましく、バンコックやKLに追いつき追い越せ、あるいは既に先進国を目指しているのか。

しかしハルから言わせれば、いやジャカルタ歴の長い人、あるいは数年間でも駐在している人ならわかるけど、

まだまだのレベルである。すべてがまだまだである。インフラもそうだけど、根本的に人的レベルが本当に低い。インドネシア人は頭が悪いというわけではない。教えればちゃんとできる。考えるようにもなる。現にうちのローカルスタッフ二人はハルよりもしっかりしている。※ハルが頼りないだけ?!

考える習慣がないし、先進国で見られるモラルの意識も低い(最近の日本も言えないけどね)学校で習わないし、家でも教わらない。親が子を超過保護で育てるため、なかなか自立しない。誰かがやってくれると思っている。

ようはまだまだ発展途上国なのだ。だから昔は独身女性がジャカルタで働くなんてめったになかった。ところがこの頃は若い女性がごろごろいる。

ジャカルタも変わったなあと今昔物語のように言うけど、結論として「中身はほとんど変わっていない」

今回の殺人犯はマンションの警備員。治安は昔に比べてよくなったといえども、セキュリティーの問題もあるので、マンションに住むよう言われている。しかしその警備員が信用できないとしたら、結局ジャカルタには安全なところなどない…ということになるではないか。

経済発展の裏側で治安が非常に悪化している。やはり女性が一人で住むのは危険が伴う。女性だけではない。注意してないと我々男も危ない。油断禁物なのだ。

※亡くなられた西村さんのご冥福を祈ります。

※このコーナーは、人から教えてもらった話、他サイトからの無断転載で構成しています。許して!

※このサイトに掲載されている内容(データ)は ジェイビープルが所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
※リンクはフリーです。Copyright(c)2004-2005 JPEOPLE