このコーナーは、インドネシアに関係なくても、とにかく笑えたり、泣けたり、興味深い話題があればお知らせするコーナーです。


プレミアムフライデー、「早く帰った」は3.7%

 やっぱりね…みんなの予想通り…


プレミアムフライデー、「早く帰った」は3.7% マイナビニュースより

インテージが3月3日、「プレミアムフライデー」事後調査の結果を発表した。同調査は2月24日〜27日、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)にて20〜59歳の有職者2,235名を対象に、インターネットで行われた。

「プレミアムフライデーの実施・奨励・退社状況」を聞いたところ、「プレミアムフライデーが実施・奨励されなかった」が89.5%だった。一方、「実施・奨励された」の割合は10.5%(「実施された」2.8%+「奨励された」7.7%)となり、事前調査の2.5%から微増。また、実際にプレミアムフライデーを利用して早く帰ることができた人は3.7%にとどまる結果となった。


毎月最終週の金曜日『3時の早帰り奨励で景気対策を促す!』試みは結構ですが、上手くいかないだろうなあと思っていたら、やはり上手くいかない。

3時に早帰りしたのは、全体の3.7%というアンケート結果でした。

ハルが上手くいかないだろうなあと思った理由は…

これは個人的なことですけどね。

月末には定期的な支払いが何種類かあって、スタッフの給料も計算せねばならず、従業員がわずか二人の店とはいえ、月末の最終週とはいえ、気を抜けません。

他のお店や企業も同じようなもんでしょう。

だからプレミアムフライデーは上手くいかないだろう…と誰しもそう思ったはずです。

案の定、上手くいかない。

せめて月末にしなかったらいいのに。月初の金曜日でいいのでは。

それからいくら休みでもお金がないと遊びたくても遊べないので、プレミアムフライデーには会社から一律1万円が支給されるとかすればいいのにね。そして1万円を従業員に払った会社は、その額を税控除してやるとすれば、それだったら「うちも協力する」会社も増えるのでは。

給料はあがらない。でも金は遣え…って、遣いたくても使えません!



※このコーナーは、人から教えてもらった話、他サイトからの無断転載で構成しています。許して!