このコーナーは、インドネシアに関係なくても、とにかく笑えたり、泣けたり、興味深い話題があればお知らせするコーナーです。


まともなことと思います

下記ブログでは小池百合子都知事
を罵倒しておりますが…



「排除します」小池新党の踏み絵に枝野立つ ブロゴス 

「全員を受け入れるつもりは さらさら ありません」・・・希望の党の小池百合子代表が進める選別と排除の実態が明らかになった。

田中龍作ジャーナルではある筋から「政策協定書」なる書類を入手した。小池百合子代表が立候補予定者に迫る踏み絵である。

…(中略)…

5項目めの「外国人に対する地方参政権の付与に反対すること」は、小池氏の持論である国際化と矛盾する。レイシストと受け取られても仕方がない。7項目めの「党の指示する金額を党に提供すること」は、金で公認を左右するとしてヒンシュクを買っている。

立候補希望者に、供託金600万円(小選挙区300万円、比例300万円)と寄付金100万円を指定された口座に振り込むよう、迫るのである。寄付金は上納金とも呼ばれる。

8項目すべてに納得したうえで署名しなければならない。署名してしまえば、まっとうな政治家としての生命を失ってしまう。

詳細はこちら(ブロゴス)

少なくとも下画像(↓)の政策協定書を見る限り、まともと思います。

小池都知事が掲げる政策は、彼女の理念から来ているのではなく、彼女が「いま何を訴えれば国民の支持を得られるか」でしょうから、小池都知事は、世論は完全に右傾化と考えているのでしょう。風を読む天才と呼ばれてますからね。いやあ大した奴。ハルは脱帽です。※仲間にはなりたくないけどね。

追伸〜側近の若狭さんは「いまはないとして、次の次ぐらいは(小池都知事が国政に出る)」とか言ってますけど、小池都知事にしたら「余計なこと、言いやがって。使えん奴!」と舌打ちしているかも。しばらくしたら若狭さんも脇に追いやられるかもしれませんね。




※このコーナーは、人から教えてもらった話、他サイトからの無断転載で構成しています。許して!