編集長ハルの世間よもやま話
このコーナーは、インドネシアに関係なくても、とにかく笑えたり、泣けたり、興味深い話題があればお知らせするコーナーです。


天皇皇后両陛下 鹿児島入り
口永良部島の住民と懇談〜

敬ずにはいられないオーラ

天皇皇后両陛下 鹿児島入り 口永良部島の住民と懇談
 MBCニュースより

天皇皇后両陛下の鹿児島ご訪問が、16日から3日間の日程で始まりました。初日は、両陛下は45年ぶりとなる屋久島を訪問され、2年前の口永良部島の爆発的噴火で全島避難を余儀なくされた島民の当時の苦難に耳を傾けられました。

天皇皇后両陛下は特別機で、17日午前11時30分すぎ、鹿児島空港に到着されました。空港では両陛下を一目見ようと多くの県民が出迎えました。

両陛下の鹿児島ご訪問は、奄美群島日本復帰50周年の記念式典に出席された2003年以来、14年ぶりです。
両陛下は歩いて空港内に入られると、三反園知事らが出迎えあいさつを交わしました。そして午後0時30分ごろ、小型の飛行機に乗り換えて、最初の目的地、屋久島に向かわれました。

MBCニュースより

テレビで両陛下の訪問ニュースが映し出され、その映像を見ていた女房(インドネシア人)と我が子(ハーフの中3男子)の反応。

この二人に対してハルは天皇家の歴史やその意義を教えたことはない。

「日本で唯一の王族」「ローマ法王みたいな存在」と話したことはある。

だから彼らの天皇・皇后陛下への尊敬はハルほどではない。

ハルだって偉そうに言えるほど天皇家のことを知っているかと聞かれたら怪しいもんだしね。

しかしハルの前のこの二人、テレビの映像をニコニコしながら眺めているではないか。

女房のセリフ、天皇・皇后が島民と話される様子を

「やさしそう…」

そう!よくわかっていないこの二人でさえ、その映像を見るだけで癒されていることがよくわかる。

フィリッピンの大統領やトランプ大統領が首を垂れるのは当然だろう。敬ずにはいられないオーラが出ているのだ。


※このコーナーは、人から教えてもらった話、他サイトからの無断転載で構成しています。許して!

※このサイトに掲載されている内容(データ)は ジェイビープルが所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
※リンクはフリーです。Copyright(c)2004-2005 JPEOPLE