編集長ハルの世間よもやま話
このコーナーは、インドネシアに関係なくても、とにかく笑えたり、泣けたり、興味深い話題があればお知らせするコーナーです。


名護市長選を考える
まあ、ハルの意見ですので。 
あんまり政治の話題は出したくないのですけどね。

昨日のクローズアップ現代(名護市長選の話題)、相変わらず吐き気の出そうなNHKの印象操作番組でした。

どうして、いつもいつも基地反対派は正義で、日本政府は悪者になるのでしょうか。

沖縄県民が虐げられ、政府の悪だくみを糺すのが反対派の市民活動家…。もう何年も前からその構図は変わりません。


にもかかわらず


基地容認派の新市長が誕生するわけです。

NHKその他のメディアは

「生活のため(補助金)泣く泣く容認派の市長に投票した」とまとめています。

それではまるで金のために魂を売ったみたいではありませんか。


名護市民をなめるな!


ハルは名護市民ではありませんけどね。

まあ、百歩譲って、それも要因のひとつとして…

ハルが思う新市長が誕生した最大要因〜

「(翁長知事も含めて)反対派連中の正体がわかり、その行動に辟易している」

反対派連中に沖縄県人以外の人が多数交じり、さらには韓国人、中国人も参加して、異常とも思える抗議活動(というより、もはやテロ)

インターネットのお陰でそんな破廉恥な抗議活動は白日の下にさらされています。

こんな映像(↓)を見たら、沖縄の人は間違いなく

「あんたら、とっとと帰って。生活の邪魔」と言いますよ。実際多くの人が言ってるしね。


※このコーナーは、人から教えてもらった話、他サイトからの無断転載で構成しています。許して!

※このサイトに掲載されている内容(データ)は ジェイビープルが所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
※リンクはフリーです。Copyright(c)2004-2005 JPEOPLE