編集長ハルの世間よもやま話
このコーナーは、インドネシアに関係なくても、とにかく笑えたり、泣けたり、興味深い話題があればお知らせするコーナーです。


カジノの日本人入場料、6千円で自公合意 


 自民、公明両党は3日、カジノを含む統合型リゾート(IR)の実施法案について、日本人のカジノの入場料を6千円とすることで合意した。

 入場料をめぐっては、入場客を増やしたい自民が「5千円が上限」、ギャンブル依存症の防止を求める公明が「シンガポール並みの8千円が最低水準」と主張してきたが、最終的に双方が譲歩した。

 法案では、全国の設置数を3カ所とすることや、入場回数を「7日間で3回、28日間で10回まで」に制限することなどを盛り込む。

朝日新聞


あれだけ大騒ぎしたカジノ法案。全国でたった三カ所しかも入場料が6000円では、おそらくハルは行かないと思います。

もともと賭け事には滅法弱いしね。

シドニーのカジノに何度か行ったことはあります。

誰もいないブラックジャックのテーブルに座って、ディーラーと1対1の勝負になりました。で、初めての勝負でディーラーに勝ちます。そうしたら周りの人間がゴロゴロ寄ってきて、あっと言う間に満席、しかもハルに乗ってくる人もいるではありませんか。いわゆる『勝ち馬に乗る』というやつでしょう。

しかし、ハルは次の勝負、みんなの期待を裏切り、引かなくていいカードを引いてドボン。一挙にブーイングが起こって、ハルはその場を立ち去ります。


不向き!


それから一人でも安心してできるスロットマシンで遊んでいると、何やら絵柄が揃って、コインがどんどん出てくるではありませんか。

結果、日本円にして
8万円勝ちました!友達に言わせると「スロットで勝つ奴はほとんどいない。これは強烈なビギナーズラック」ということでした。

そして翌日、味をしめたハルはふたたびカジノへ。しかし結果は…


10万円負けました!


昨日の分と相殺して2万円の負けです。

賭け事は上手くできていますね。それ以来、カジノはおろかパチンコもしていません。

ハルが賭け事依存症になることはなさそうです。

追伸〜
パチンコはどうなるのかな?


※このコーナーは、人から教えてもらった話、他サイトからの無断転載で構成しています。許して!

※このサイトに掲載されている内容(データ)は ジェイビープルが所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
※リンクはフリーです。Copyright(c)2004-2005 JPEOPLE