編集長ハルの世間よもやま話
このコーナーは、インドネシアに関係なくても、とにかく笑えたり、泣けたり、興味深い話題があればお知らせするコーナーです。


アメフト反則タックル問題
反則殺人タックル日大アメフト部員の会見
学生をさらし者にしていいのかとの意見もありますが、このままでいくと彼だけが悪者にされそうな心配もありますので、やはり会見したのは正解でしょう。いやせざるを得なかったのでしょう。

インタビューを見る限り、事の重大さにやっと気付いたような神妙な表情でした。

「二十歳は大人」といってもやはり子供です。自分の若い頃を思いだしたら分かります。※恥ずかしくなりません?ハルは恥ずかしい!

いかに白日のもとにさらされようと、会見に応じたのは評価されるべきでしょう。あれはあれで良かった。ネットなどでは既に顔出しで極悪人扱いでしたからね。

関学QBの選手が重症でなくてよかった。それが彼(加害者側の若者)の救いです。

あと数年後、彼は就職するわけですが、就職活動にあたっても、この会見に臨む彼の姿を見る限り、悪い印象はないでしょう。

それより会見もせず、うやむやに済まされるとすれば、極悪人扱いは一生ですからね。

それにしても許すまじは監督・コーチの面々。どの面下げて「指示はしていない」なんて言ったのか。
ハルは当事者ではありませんが、それでも…




※このコーナーは、人から教えてもらった話、他サイトからの無断転載で構成しています。許して!

※このサイトに掲載されている内容(データ)は ジェイビープルが所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
※リンクはフリーです。Copyright(c)2004-2005 JPEOPLE