編集長ハルの世間よもやま話
このコーナーは、インドネシアに関係なくても、とにかく笑えたり、泣けたり、興味深い話題があればお知らせするコーナーです。


これはヤバい判決では…

強力な反日国家『高麗連邦』の誕生?





「良心的兵役拒否」は正当、韓国最高裁が画期的判断 AFP

【11月1日 AFP】韓国大法院(最高裁)は1日、道徳的信念や宗教上の信条は兵役を拒否する正当な理由として認められるとの判決を言い渡した。14年前の大法院判決を覆す判断で、良心的兵役拒否をめぐる多くの裁判の行方に影響を及ぼしそうだ。

 韓国では朝鮮戦争の休戦協定が結ばれてから65年にわたり、18〜35歳の健康な男子全員に約2年間の兵役が義務付けられている。兵役拒否には通常、懲役1年6月の実刑判決が下り、兵役に代わる地域奉仕活動などの選択肢はない。1950年以降これまでに約1万9000人が良心的兵役拒否により実刑を科されており、その多くは宗教団体「エホバの証人(Jehovah's Witnesses)」の信者だ。

詳細はAFPで

 
徴用工勝訴の問題どころではありません。それよりもこの判決は、韓国にとって、いや日本にとってヤバいでしょう。

韓国人の多くがクリスチャンです。エホバの証人だけがOKなら、その他の派が怒ります。クリスチャンでなくても「私は良心的理由で徴兵を拒否します」と言えば免れることになります。

徴兵制を否定しているのと同じですね。国の根幹が揺るぎます。

韓国軍がそのまま衰退して、北朝鮮軍が朝鮮半島の国防を担うことになるでしょう。ますます統一が近づきました。

強力な反日国家『高麗連邦』の誕生です。


※このコーナーは、人から教えてもらった話、他サイトからの無断転載で構成しています。許して!

※このサイトに掲載されている内容(データ)は ジェイビープルが所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
※リンクはフリーです。Copyright(c)2004-2005 JPEOPLE