編集長ハルの世間よもやま話
このコーナーは、インドネシアに関係なくても、とにかく笑えたり、泣けたり、興味深い話題があればお知らせするコーナーです。


共産・志位委員長「祝意は当然」 天皇即位賀詞に賛成

どういう風の吹き回し?


共産・志位委員長「祝意は当然」 天皇即位賀詞に賛成
  

 共産党の志位和夫委員長は9日の記者会見で、天皇陛下の即位を祝う「賀詞」に賛成したことに関し「憲法上の制度に基づいて新天皇が即位することに祝意を示すのは当然だ」と強調した。同党は1990年11月の平成の際の賀詞には反対していた。

 平成のときと対応が変わった理由について「当時は君主制の廃止を掲げていたが、2004年の綱領改定で考え方を変えた。今は天皇の条項も含め、現行憲法を順守する立場だ」と語った。

 天皇制に関し「存廃は国民の総意で解決されるべきだ。存廃が問題になった時は民主共和制を実現すべきだとの立場を取るが(廃止の)取り組みをやるわけではない」と述べた


 
政治関連の話題は疲れるので(考えるのも書くのも)あまり取り上げないようにしているけど…

これってどういうこと。



共産党は天皇制廃止を謳ってきたのに。つい数か月前まで「元号は国民にそぐわない」って言ってたくせに。

しかしさすがにここへ来て、国民の八割以上が天皇制にも元号にも賛成しているという現実がわかり、ここまでになると、共産党が日本から自然消滅する可能性だってある。そうなる前に天皇制を認め、党の生き残りを画策するしかない〜

と考えたのでは。違うかな?



いままでガチガチに天皇制に反対していた共産党員は「志位さんの変節」に怒らないのかな? ハルが心配することではないですけどね。


※このコーナーは、人から教えてもらった話、他サイトからの無断転載で構成しています。許して!

※このサイトに掲載されている内容(データ)は ジェイビープルが所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
※リンクはフリーです。Copyright(c)2004-2005 JPEOPLE