編集長ハルの世間よもやま話
このコーナーは、インドネシアに関係なくても、とにかく笑えたり、泣けたり、興味深い話題があればお知らせするコーナーです。


金融庁の試算「100年時代生きるにはもう2000万円必要」

貯金2000万円あります?




金融庁の試算「100年時代生きるにはもう2000万円必要」
 

長寿化が進んで人生100年時代を迎えると、夫婦で約2000万円が足りなくなる――。金融庁が3日に公表した報告書の中で、そんな試算を公表した。金融資産の不足を生じさせないため、保有資産を長期・分散型で運用することなど、生活水準を維持するための対応策も具体的に示している。

公的年金制度の限界が指摘される中、今回の「さらに2000万円が必要」という報告は唐突な感が免れないのは事実だ。Twitter上では、「2000万円も今から貯めろと?!マジで絶望する。」「100年安心は嘘だったのか」など困惑するツイートが相次いでいる。

ブロゴスより抜粋。記事詳細はブロゴス

 
ハルは自営業ですので定年はありません。働こうと思えばいつまでも働けます。ついでに言うと年金もほぼありませんので、働き続けないといけません。

よって日々老後の不安に怯えながら、それを払拭すべく毎日を生きております。

ちなみにハル老夫婦が無職で生活するとして最低20万円が必要です。

よって単純計算すると一年で240万円、三十年で7,200万円かかります。

よって65歳から無職で暮らそうと思えば、あと7年で7,200万円貯めないといけません。


絶対無理!


ちなみにハルの周りの人(成功者を除く)に訊くと

「貯金2,000万円あります?」
「あるわけないでしょ!」



消費税も年金も介護保険料もちゃんと納めた上で2,000万円貯めろって、どういうこと?


※このコーナーは、人から教えてもらった話、他サイトからの無断転載で構成しています。許して!

※このサイトに掲載されている内容(データ)は ジェイビープルが所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
※リンクはフリーです。Copyright(c)2004-2005 JPEOPLE