編集長ハルの鳥一レポート
見事なマグロのカマ
こちらはマグロのカマ(頭の部分)を切ったもの。およそ100キロのマグロだそうです。

どうやって料理するのかといえば「これは丸焼きでしょう!」と佐伯料理長。

これは美味そうだ!



じっくり時間をかけ備長炭で焼き上げます。

佐伯料理長が焼き方を指示



で、今回ハルが食べたのは

ミニ親子丼と冷やしソーメンのセット




マグロのカマと違うんかい!
(読者の声)

いえ、あのカマは別途お客さんのご注文ですので、ハルの知るところではありません。



ジャカルタも日本と変わらなくなってきたな。さすがに酒は飲んでいませんでしたけどね。でも彼女らのノリは明らかに酔っ払いのノリです。飲まなくても酔えるインドネシア人。下戸の日本人には羨ましいですね。こちら(↓)は二階の寿司カウンターです。


 



ブロックMで『粋な焼き鳥&鮨』
女将・洋美さん(左)〜



予約電話 : 021-29044055/56

二階の大座敷&こあがり 大座しきは、粋な「こあがり」にもなります。


こちらは二階の寿司カウンター〜お一人様でもお楽しみ頂けます。


予約電話 : 021-29044055/56