スディルマン、ポンドックインダ、バリチカラン
 


   タケノコ医療相談が本になりました!
 大好評発売中! アマゾンにてご購入ください 


病気になると「水を飲め」?


Q  インドネシアの人は、何か病気になると必ず「水を飲め」と言いますよね。今、私はぎっくり腰のような症状に苦しんでいるのですが、それにもかかわらず、多くの人から「もっと水を飲んだほうがいいよ。多分腎臓が悪いから」と言われたました。

このインドネシア人の「水信仰」とも思われる発言には、根拠があるのでしょうか?それともいわゆる民間信仰ってやつなのでしょうか。お暇なときにでも教えていただければ幸いです。

水を一日2リットル飲むのがいいというのがインドネシアの常識なのですが、これは家にエアコンのない場合です。

また水ばかり飲むと、塩分不足のなるので、インドネシア料理は塩辛いのが多いのです。

腰が痛いのは、その辺にあるのが腎臓ですから、即腎臓の病気ということになるのです。尿酸が高く、痛風や腎臓結石が多いので、水さえ飲めば大丈夫ということになります。

一理ありますが、一理しかないのが困るところです。下痢のときも水をたくさん飲めといわれて、ふらふらになるのはよくありますね。下痢の場合は、単なる水を多量に取れば、さらにひどくなるわけです。

> このインドネシア人の「水信仰」とも思われる発言には、根拠があるのでしょうか?それともいわゆる民間信仰ってやつなのでしょうか

一理あるのです。科学的に見れば、一理しかないというわけです。

なんでもそうですが、万能の対処法というのはないのです。ケースバイケースなんですね。

タケノコ診療上のページはこちら



※「よろずインドネシア」の医療相談掲示板にてご相談のあった内容を紹介しています。