編集長ハルの現地生活ルポ
そんなブラックマジックはやめて!
あまりにもバカげた白痴論
女房(インドネシア人)が「インドネシアに戻っても、もう屋台で食べれない…」

その理由は…

コロナ禍の現在、どの屋台業者も売り上げ減で困っている。たくさん売れるにはマジックをかけるしかない。その方法は…

「女性の下着、使用済みの靴下などをスープに入れ煮込む」
「できあがったスープに唾を吐きかける」

~などをするといい。

あまりにもバカげた白痴論を信じてしまう人がいる。

これがブラックマジックのように伝わり、一部の屋台業者が実践しているというもの。

ハルもバソ売りのおじさんがスープ鍋にぺっと唾をかける映像を見せられた。

きゃあああ、そんなもの見せないで。

インドネシアへ戻ったとしても、その映像がトラウマとなって、もう屋台では食べられないではないか。結構安くて美味いバソとか、あるのにね。

ちなみにコロナ禍で売り上げが減った理由は「多くの人が職を失い、安易に始めることのできる屋台が大量に出現したから」という話です。





ジェイピープルメインページはこちら